車査定での修理歴に関するトラブルの一例

車査定での修理歴に関するトラブルの一例

車買取では、たまに業者とのトラブルが発生しているようです。中には、ちょっと問題がある業者も見られるのですね。
というのも、次のようなトラブルがあったのです。ある方が、ある業者で車査定を受けました。そこそこ良い金額だったので、そこで売却する事に決めたようです。
ところが後日になって、その業者から連絡がありました。車の修理歴が発覚したので、半額ならば買い取るという電話だったようです。

 

しかし車の売り手としては、全く身に覚えがありません。販売店からも、修理歴の話は全く聞いていないようです。
ちょっと納得できないので車を返却して欲しいと業者に伝えたところ、運送料金が数万円かかると業者から伝えられたそうです。それを払わないと返品できないとも伝えられたようですね。

 

業者のミスなので支払いは無用

 

では上記の事例では、果たして数万円を支払うべきなのでしょうか。
支払う必要はありませんね。というのも、この場合は明らかに業者のミスです。一度査定を行っているならば、その段階で修理歴を見抜くべきです。それを見破ることができずに二重査定を行っていた訳ですから、業者の仕事に問題があった訳です。ですので数万円の支払いに応じる必要は無いでしょう。
セルシオの下取り

 

トラブル防止の為にも業者選びが大事

 

そして、そもそも上記のような事態は避けたいと思うのが自然だと思います。上記の事例の場合は車は無償で戻ってくると思いますが、正直査定を依頼した顧客としてはあまり良い気がしないでしょう。ですので業者を選ぶのが大事なのですね。
ただ最近の業者は、修理歴を見破る為に独自のアプリを用いている事も多いようです。スマホを用いて、塗装の厚さで修理を見破っている事も多々あるようですね。ですので高度な技術を持っている業者に査定を依頼するのも、大切だと思います。

関連ページ

過走行車の買取が可能なぼっちゃん
某車会社で務めていた経験をもとに、車売却のテクニックを伝授します。